認定看護師とは

病院の中で、看護師が持つ役割は重要な意味を持っているといえるでしょう。
最も患者との距離が近い位置にあり、その関係はドクター以上になります。
身近なことまで様々なことも相談することもできるのです。

そんな看護師も、行える職務には限界があります。
法律で規定されている範囲になりますが、一般的に知られているのが准看護師と正看護師の差になるでしょう。
この差は、実務上ではそこまで大きくありませんが、待遇などに関しては驚くほど違います。
法律上で行える職務範囲も決められており、同じ看護師という名前を持っていても別の仕事といえるほど違うものとされているのです。

看護師の中には、さらに高度な技術をもっている認定看護師という資格も存在します。
一般の看護師に対して指導や相談もすることができる立場であり、特定の看護分野で熟練していることが求められるのです。

認定看護師になるためには、看護師からさらに実務経験も積まなければいけません。
一般の看護師よりもさらに高い知識を持たなければいけませんので、非常に難しいレベルにあるといえるでしょう。

一般の患者として考えると、認定看護師という存在はなかなかわからないかもしれません。
しかし、病院の中で重要な意味を持つ資格となることは間違いないのです。
なかなか知られていない職務でもありますが、こういった人たちが中核にいるからこそ安心して病院に行くこともできます。
その実態を少しでも知ると、看護師の見方も変わっていくはずなのです。


<特選サイト>
美容外科が看護師を専門に募集している求人サイトです・・・美容外科 求人